スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

SERVICES.EXEのCPU使用率100%問題解決

スタンバイや休止状態(ハイバネーション)から復帰するときSERVICES.EXEのCPU負荷が100%(99%)になることがある。ただし復帰直後は平気なこともある。IEのウィンドウをアクティブにしたら駄目になった。今度休止状態にするときはすべてのウィンドウを閉じてからやってみることにしよう。いや、ログオフしてからやってみることにしよう。
同じ現象になってる人はいるみたいだが解決法が見つからない。


262 :名無し~3.EXE:2007/10/16(火) 20:43:06 ID:nrsejJpd
win2000 SP4 celeron2.4GB 512MB
services.exeがCPU100%占有する件で質問です
esent.dllが原因らしくSP4を入れれば直ると言われ実行しましたがダメです
起動時は必ず、あとは数十分毎に跳ね上がってフリーズに近い状態になります
マイクロソフトに問い合わせたらSP4入れて直らないなら
有償サポート受けろと言われ断念
そこでprocess explorerというソフトを使い
services.exeの下位にあるsvchost.exeの中でesent.dllを含むものを
強制的に終了して何とか通常の動作を保ってます
重要ファイルなので普通のタスクマネージャーでは削除できないのと、
再起動すると削除してもまた復活してるので困り果ててます


こんな書き込みを見つけるも、esent.dllを強制終了するなんて俺にはできない。


IEやGoogleToolBarが不安定だなと思っていたところ、ついにブルースクリーンが出てしまった。
何をしたかって?再読み込み(リロード)だけっすよ。もうやってられんですよ。
新しいソフトとか別にインストールしていないっすよ。なんで?Win2kってこんなに不安定だったっけ?
不安定なのはIEか。そうですか。

おまけにネットワークがつながらなくなりやした。なぬぉー!
無線LANのアクセスポイントが見つからない。雨が降ってるから電波が乱れてる?うそでしょ?
有線LANにしてみる。しっかり接続された。うーん、無線LANがやっぱ悪さしてるっぽい?
BUFFALOのドライバとクライアントマネージャがタコなのか?
くそー、何のために無線LAN構築したんだか。こうなったらしばらくは有線で使ってみようじゃないか。


と思ったのもつかの間。LANカードを接続するときと抜くときにSERVICES.EXEが異常になる。タスクマネージャのプロセス一覧を眺めているとavastが悪さをしているっぽい?setup.ovrとかも?ということは、avastの常駐機能を一時的にoffにしてから抜き差しすればいいかも。

あまり効果はなかった。そこでSpybotの常駐関連か?と思ったが、hostsファイルを元に戻してみようとしてhostファイルをコピー作成し、「あ、バックアップがあったから、それをもとにもどせばいいんだ」と思いなおしてコピーしたファイルをごみ箱に捨てたらSERVICES.EXEが激しく回りだした。こりゃ、こいつが原因だな。と思い、hostファイルをOSクリーンインストール時の内容に戻してやったらメッチャ軽快になった!!イエーイ!

原因がつかめたところで関連情報が英語だけど見つかった。ちょっと長いけど引用。
http://www.tek-tips.com/viewthread.cfm?qid=1416300&page=1

tucansam (TechnicalUser) 10 Oct 07 21:51 
Win2k with all of the available service packs and hotfixes as of today's date.  services.exe routinely takes up 99% cpu and hangs the machine for up to 60 seconds at a time.  Most often this happens right when the machine comes out of sleep mode, and I believe it is taking its time in finding the wireless network.  Once network connectivity is established, the machine runs well. 

Until today, when services.exe now suddenly decides to jump to 99% on its own, for no reason that I can find. 

I've searched this forum and others, and plenty of other sites, and all of the hotfixes that are mentioned for removal are not listed (ie, a post from 2004 said remove hotfix blah blah but apparantly since then Microsoft has released new stuff).  All of my hotfixes are KB84xxxx, 89xxxx, 90xxxx, etc.

Ideas would be most welcome, with thanks in advance.
 


josewaldo (MIS) 15 Oct 07 11:23 
Hello,
I may have an answer.  I just had the same problem over the weekend.  I did some searching online this morning.  It seems that my problem might be with Spybot S&D's giant hosts file.  It seems that there is a problem with Windows 2k DNS Cache Client service trying to deal with spybot's host file.  I have not been home yet to try the fix on my machine, but you could theoretically either get rid of Spybot's Hosts file, or disable client side DNS caching.
I have not tried either of these yet, so I make to promises.
Here are the links that got me this far.
Good Luck,
Josewaldo


http://forums.techarena.in/showthread.php?t=817923
http://support.microsoft.com/kb/245437/EN-US/
 
 
josewaldo (MIS) 16 Oct 07 16:27 
UPDATE: This was the fix.  I removed the hosts records that Spybot Search and Destroy 1.5 had written.  To do this you would simply search your computer for the file 'hosts'.  Open it with notepad and delete all of the lines that spybot created.  Note, you will no longer be stopped from visiting these sites, but at least your computer will work.  Hope this helps someone.
Josewaldo



hostsファイルを書き換える代わりに、DNSキャッシュクライアントを無効にするという方法があるが、この方法の日本語訳がこれ。DNSキャッシュのクリア(削除)方法もかかれている。

Windows でクライアント側の DNS キャッシュを無効にする方法
マイクロソフト
support.microsoft.com/kb/245437/ja

DNSキャッシュクライアントを無効にしてもhostsファイルの内容を有効に保つことができれば一番いいな。けど、それはできない相談みたいだ。折角Spybotとか入れたのにもったいないけどスタンバイの復帰後にネット接続するとき何分もかかったり、カード挿したまま再起動すると20分もかかるようじゃ使ってられん。あきらめよう。危険なサイトに行くときだけhostsファイルを入れ替えればいいや。

いやなのはSpybotの更新とかしたときにまたhostsファイルが更新されちゃうこと。そんときはファイルを入れ替えるのもいいけど、DNSキャッシュのクリアで対応するか。どっちにしても手間ではある。
もしかしてレジストリいじるのが一番早いか?ただレジストリいじると短いTTLにするってことだけど、TTLが短いことの脆弱性とかの情報もあるみたいだし調べるの面倒いから手動でファイル上書きが一番いいな。それともバッチファイルでも作ってみっかな。

無線LANがつながらない問題は、一度カードのドライバを削除し、クライアントマネージャ3のかわりにクライアントマネージャ(番号なしのやつ)をインストールし、再起動してからカードを挿したらつながったけど。うーん、結局原因はなんだったのか?いまいち不明だが、つながったからとりあえずヨシとしよう。

結局ブルースクリーンの真相は不明なまま。CPU負荷と相性の悪いプログラムでも走ったんだろうか。こいつだけは迷宮入り確実だな。

参考サイト

DNS: 短いTTLのリスク
yohgaki's blog
blog.ohgaki.net/index.php/yohgaki/2006/12/14/dnsa_rc_sa_ttla_ra_oa_sa_m

スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

同様の現象が

うちも1時間に2度ぐらい3分ぐらいマウスさえもカクカクカしてうごかなくなります。
それ以外は軽いのですが、ずっと意味がわからずHOSTファイルを元に戻したら直りました。
SERVICESがCPU負荷100になってしまう。
とりあえず、やばいとこいかないし、ZONEALARMあるからいいかと、思い削除してしまいました・・・

参考になりました。ありがとうございます。

もしかして

Windows の DNS Client サービスのスタートアップはデフォルトで「自動」。
もしかして、これを「手動」に変更してみる価値があるかも?

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PCトラブル

試験まであと残り=80日 PCトラブルでしばらくブログが止まってしまった。 SERVICES.EXEが断続的に95~100%のCPUタイムを占有してしまい なかなか戻ってこない症状が発生。(いまだにWin2000pro・sp4) CPUファンはフル回転するしかなり苦しそうだ。 マイクロソフトの...

 | BLOG TOP | 

プロフィール

Author:さわむら
-サイト収入について- 収入の一部は有害なたばこの被害をなくすための活動に役立てられます。収入の一部は未来を担う子供たちの教育分野の課題に取り組む活動に役立てられます。その形態は寄付・基金・NPO投資ほか適当と思われる方法で行われます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。